宣伝トラックドットコムはトラック広告・アドトラック・広告宣伝カー・車体広告の業界最安値に挑戦します!!全国各地のご依頼を承ります。

HOME > 【お役立ちコンテンツ】 > 印刷用語集

印刷用語集

A

Adobe
Illustrator
Adobe Systemsのグラフィックス描画アプリケーションソフトの事で、ベジェ曲線をつかってイラストやオブジェクトを作成する。
DTPや印刷の現場では主にこのソフトを使ってデザイン・レイアウトを行う。
A版 基本をA0(日本ではA全と呼び841×1189ミリ)として、それを半分に折ったサイズをA1、またその半分に折ったものをA2…というように、半分に折っていくごとにサイズの数字が増えていくように決められている。
ATM Adobe Type Managerの略。Adobe Systems社が開発した、PostScriptフォントの表示用ユーティリティ。Type1フォントが持っているアウトラインデータからラスタライズを行い、モニターや非PostScriptプリンターで、それぞれの解像度に応じた滑らかな文字を出力する事が出来る。

B

B全 日本独自のサイズ規格。B0(B全)版は1030×1456ミリが基本となり、それを半分に折るとB1、その半分がB2…となり、A版と仕組みは同じで辺の比率も1:√2(ルート2)。
BMP Windowsが標準でサポートしている画像形式。白黒(2値)の画像からフルカラー(1677万7216色)までの色数を指定出来る。基本的には無圧縮で画像を保存するが、16色と256色の形式では、圧縮するオプションが選択出来る。

C

CCD Charge Coupled Deviceの略。半導体の一種で、光を電気信号に変換するために利用される。デジタルカメラやスキャナー等に使用されており、風景や写真をデジタルデータに変換する役割を果たしている。
CMYK 色の表現方法の一種でシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色の事。CMYKはシアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)とキー(Key)から頭文字1字を取ったもの。
CTP データから直接、印刷用の版を出力する印刷工程の事。コンピューター・トゥ・プレート(Computer to Plate)の略。

D

DCS Desktop Color Separationの略。
1つの画像にCMYKの4版分とプレビューデータや、CMYK各ファイルへのリンク情報等が記録されている。マスターファイルの計5つのEPSファイルとして保存するもの。5つのファイルを1つのファイルにまとめたDCS 2.0という形式もある。
dpi dots per inchの略。1インチ当たりのドット数を意味し、画面表示や印刷の解像度を表す単位として使われる。この数値が大きいほどよりきめ細かな画像となる。モニター表示は72dpi、印刷は350dpiが一般的。
DTP デスクトップ・パブリッシング(DeskTop Publishing)あるいはデスクトップ・プリプレス(DeskTop Prepress)の略。出版物のデザイン・レイアウトをパソコンで行ない、データを印刷所に持ち込んで出版する事。

E

em・en いずれも欧文文字の横幅を表す言葉で、各フォントごとにemは「M」、enは「n」の横幅分の幅を意味する。和文でいうとemは全角、enは半角に相当する。また、それぞれの幅の分だけ空白を空ける事を、「emスペース」、「enスペース」という。
EPS PostScriptによって記述されたベクタ形式の画像データを保存するためのファイル形式の一つ。印刷イメージ等の記述に使われるPostScriptで画像ファイルを構成するための形式で、ベクターデータとビットマップデータを組み合わせた画像を保存する事が出来る。

F

FMスクリーン 網点の種類の一つで、従来のAMスクリーン175線に比べて非常に高精細な細かさ(約1/4 20ミクロン)で写真等の画像を表現。モアレが発生せず、より繊細な色表現が可能。

G

GIF Web用の画像フォーマットの一つ。256色しか利用出来ないので、諧調を持たないイラストやロゴに向いている。高圧縮率、背景を透明に出来るのが大きな特徴。

H

HSB HSBとは、Hue, Saturation, Brightnessの略称。
色をHue(色相)、Saturation(彩度)、Brightness (明度)の3つの要素で表現する方法の事をいう。
HTML Hyper Text Markup Languageの略。WWWのシステムで、Webページを構成するために用いられる言語の事。Webブラウザがこのタグを解釈してWebページとして表示する。

I

ICCプロファイル ICCはInternational Color Consortiumの略で、周辺機器のカラーマネージメントに関する基準を制定している団体の事。この基準に基づいて作成された各機器固有の色再現性に関する情報の事を、ICCプロファイルという。これに対応している各アプリケーションでは、ICCプロファイルを用いて、異なる周辺機器間で色再現を近づけるカラーマネジメントを行っている。
ISO International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略。1947年に発足し、工業規格の国際的な統一化を図る事を目的としている。
印刷標準色は国際規約によって1国1標準とされ、日本からは日本工業規格(JIS)の調査、審議を行っているJISCが1952年に加入している。

J

Japan Color 日本の標準印刷色の規格の事。現在運用されているのは、『Japan Color色再現印刷2001』で、他の標準として標準インク、標準用紙、ベタ色標準測色値、ベタパッチ色見本がある。
JISコード ASCIIコードを拡張し、2バイトで日本語のかなや漢字をサポートした文字コード体系の事。JIS(日本工業規格)が制定。英数字の部分はASCIIコードと同じ。
現在は、漢字コードの割り当てをずらして(シフトさせて)、エスケープシークエンスを不要にしたシフトJISコードが一般的に使用されている。
JPEG コンピュータ等で扱われる静止画像データの圧縮方式の一つ。
JPEG方式の画像ファイルにつけられる拡張子は jpg が多く使われているが、 jpeg が使われる場合もある。

L

Lab カラーモデルの1つで、明度(L)と緑〜赤軸(a)、青〜イエロー軸(b)の3つの要素からなる。Commission Internationale de l'Eclairage(CIE)が1976年に開発したもので、CIE Labとも呼ばれる。再現される色がデバイスに依存するRGBやCMYKとは異なり、ある値がどの色を表すかという事が厳密に規定された、理論的なカラーモデル。
lpi 製版用スクリーンのきめ細かさを表わす単位で、1インチの間にある線の数を示す。
宣伝トラックについて 車両ラインナップ 宣伝トラックのこだわり その他サービス 運行までの流れ ギャラリー お役立ちコンテンツ
[営業時間]9:30~18:00
[定休日]土曜・日曜・祝日
弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント
詳しくはこちら
ラビット車検 横浜・横須賀の格安車検
このページのトップへ