宣伝トラックドットコムはトラック広告・アドトラック・広告宣伝カー・車体広告の業界最安値に挑戦します!!全国各地のご依頼を承ります。

HOME > 【お役立ちコンテンツ】 > 印刷について オンデマンド印刷 > シルク印刷

印刷について シルク印刷

シルク印刷とは

孔版とも呼ばれる印刷方法で、かつては絹布を使っていた事から「シルクスクリーン」と呼ばれています。現在ではテトロン製の布を使ったり、金属製の網等も用いられます。
絹目の間からインクをヘラで擦る事で適量押し出し、元版の空隙から印刷物にインクを乗せる印刷方式で、 現在では絹布ではなくインクの通りが良いように開発された化学繊維の糸で織られた布を使う場合が多いようです。

特徴は、他の印刷に比べて安価で、曲面印刷や多色印刷等、特殊な印刷に向いているという点です。印刷する素材も問わず、インクを自由に選べる事も特色です。インクを変える事で、あらゆる用途に対応出来ます。例えば、焼きを入れて耐久性を高めたり、熱に弱い素材ならUVインク等を使う事も出来ます。他の印刷では難しい、インクの厚盛りも可能です。インクを乗せるという事から多色印刷を行う事が出来、近年では、シルクスクリーンを利用した絵画等が数多く制作されています。

上記のような特徴から、シルクスクリーン印刷は、凸版、平版、凹版等ではまず不可能な印刷も、簡単に行う事が出来ます。
例えば屋外の表示板・ポスター・ディスプレイ・各装飾等の商業美術分野、プリント配線・各種銘板・計器の目盛り・厚膜ICの工業関係分野等。商業関係の利用に、ステッカー、ガラス類、成型品、壁紙、ふすま紙、捺染等で比較的古くから利用されてきた印刷手法です。
シルク印刷とは
シルク印刷の一番の特徴は、その仕上がりの美しさです。色と色との境界線はくっきりとし、ラインを美しく表現する事が出来ます。さらに、ウレタンクリヤーでコーティングを施す事により、長期耐候性を保持し、屋外での使用でも色褪せやはがれの心配をなくす事が出来ます。
インキの被膜に厚みがあるので印刷面にボリュームがあり、隠ぺい性にも優れていますが、版がメッシュ状で線数が粗いため、細かい文字や詳細写真、なめらかなグラデーション等は再現性がやや劣ります。 印刷は手刷りか半自動式の印刷機を使用して行いますが、インキの乾燥が遅いので多色刷りや大量印刷には時間がかかるといったデメリットもあります。

シルク印刷の種類

シルク印刷用のインクのなかには、様々な機能を付与されたものがあります。それらを総称して"機能性インク"と呼んでいます。その機能には、光学的なもの、電気的なもの、耐薬品性や生化学的機能等の化学的機能、さらには特殊な仕上りを持つ表面加飾機能等が存在します。以下に、実際にシルク印刷で応用されている印刷技術の一部をご紹介します。
■スクラッチ印刷
スクラッチ(scratch)とは、英語で「ひっかき傷」「かすり傷」及び「ひっかく事」を意味します。
スクラッチ印刷は、印刷面上のある部分に特殊な加工を施し、用紙上に印刷された文字や絵柄等を隠す特殊印刷の一種です。インスタントくじ等でお馴染みのスクラッチ印刷は、文字や絵柄を印刷した上に銀色のインキを印刷して、文字や絵柄が外から見えないよう隠す方法で、シルク印刷で行うのが一般的です。
実際の印刷は、用紙に直接印刷してしまうと貼りついてしまい擦ったときにうまく剥がれないので、隠蔽したい部分にアンカーコート(OPニス)して、インキが貼りつきにくい状況をつくり、擦ったときにきれいに取れるようにしておきます。
また、カード等の印刷物で、スクラッチ印刷された部分を光に翳して見ると透けて見えたりする事がありますので、印刷物の裏面にはスミの ベタ印刷をしたり、解答の文字に網をかけて薄くしておく必要があります。スクラッチ用のインキさえ用いれば何でも隠蔽出来るわけではなく一定の制限があるようです。
スクラッチ部分の印刷は銀、金、銅が一般的ですが、他の色を作る事も出来ます。
■蓄光印刷
光を吸収し暗がりで淡く光る特性の蓄光顔料インキ(硫化亜鉛に銅を賦活)を使って印刷する方式。日光や蛍光灯の紫外線を吸収し、外部光がなくなっても少しずつ暗がりで3分から2時間くらいまで発光させる事が出来ます。白や淡い色合いの下地にシルク印刷で蓄光インキを刷ります。下地にニス引きをする場合もあります。
光エネルギーを貯めこむ性質を持つ特殊なインクを使用し、このインクは、紫外線を吸収し、徐々に光エネルギーを発散して1~10時間光り続けます。蓄光印刷には4色、青、黄色、オレンジ、緑があります。
■パール印刷
パール印刷とは、下地にオフセットまたはシルク印刷で色ベタ印刷をし、その上にスクリーン印刷でパール印刷する方法の事です。可視光線をスペクトルに分ける効果があるパール粉をメジウム等に混ぜ込んで印刷するので、メタリック粉とは違うパール粉独自のわずかに7色に光を反射する効果が得られます。またパール粉の中には光の反射角度によって薄い黄色から薄紫、薄いオレンジ色から薄い青に変化する物もあります。
■ビース印刷
微細なガラス粒子を混ぜたインキをシルク印刷する事により、ヘッドライト等光が当たると反射して光る印刷です。
表面に精細なビーズ樹脂模様が出来上がり、石や革、金属のような質感を持たせる事が出来ます。光を乱反射させるので、奥行きがあるように見え、文字や画像を目立たせたりする場合に用いると効果的です。
■フォトクロミック印刷
温度変化により、透明になるインキを利用する熱反応型や紫外線対応型を使ったシルク印刷。下層の絵柄が現れたり、インキの色が変化します。
紫外線を印刷面に当てると、無色の部分に色が浮かび上がります。紫外線に反応して、無色から有色に変わる染料を、マイクロカプセルに閉じ込め混合したインキを使って印刷します。
夏の浜辺等、紫外線が強く、長くなればなるほど、濃く発色します。一度発色しても、紫外線が当らないと元に戻り、繰り返し使えます。 肌に影響を与える紫外線の存在を可視的に確認出来るので、化粧品会社の日焼け止め製品の販促品として使用されました。また、窓ガラスに貼ったUVカットフィルムとしても使われています。
■香料印刷
香料といわれる精油をマイクロカプセルに閉じ込めてインク化したものをシルク印刷します。芳香インキはマイクロカプセルと呼ばれる極小のカプセルに香料を封じこめたものをインキに混ぜ合わせて作られます。印刷面を擦る事でカプセルが壊れて、芳香が出ます。
香料印刷の香りは様々です。果物、花、食品、飲み物、せっけん、ガス、ガソリンに至るまで多種多様な香りが用意されています。この香りは特注する事も可能です。ただ、水に溶ける溶剤(アルコール)で希釈された香料はカプセル化出来ません。
どうしても作りたい場合はパヒューマーという調香師に香料を調合してもらって目的の香りを作ります。
印刷でも香料インクを使うと耐久性はシルク印刷用で10年は香りがもつといわれています。
宣伝トラックについて 車両ラインナップ 宣伝トラックのこだわり その他サービス 運行までの流れ ギャラリー お役立ちコンテンツ
[営業時間]9:30~18:00
[定休日]土曜・日曜・祝日
弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント
詳しくはこちら
ラビット車検 横浜・横須賀の格安車検
このページのトップへ